「ほっ」と。キャンペーン

Gardenia Fragrance

<   2011年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧




HONEYMOON6日目(KOH CHANG周遊)

d0156797_17461349.jpg
今日はKOH CHANGでの滞在をより良いものにするための調査へ!
レンタルバイクを借りて島を周遊することにしました。
そんなに大きい島じゃないので、3時間もあれば1周できるそうです。
d0156797_17494760.jpg
KOH CHANGの道は平坦な所もあるのですが、
d0156797_17504546.jpg
バイク2ケツじゃキツイんじゃないかと思うほどの15%越えの激坂も出現して、
ジェットコースターのようです。
ま、私達夫婦の倍ほどの体重がありそうな白人夫婦と何度もすれ違ったので、
原付エンジンも大変だなと・・・エンジンの方を心配してしまいますよ(笑)
d0156797_175653100.jpg
朝は少し曇り空。
KOH CHANGのView Pointまでやってきました。
d0156797_17592616.jpg
ロケットじゃないよ!POSTだよ!
d0156797_181474.jpg
南端のバンバオベイまでやってきました。
ここには水上にマーケットが立ち並んでいます。
d0156797_1834574.jpg
象に乗ってからすっかり象に夢中のダンナサマ。
このマーケットで象さんの置物をGETしました。
d0156797_1864767.jpg
マーケットのアーケードを抜けると、
気持ちいい風が吹きぬけます。
d0156797_1875610.jpg
日本にはあまりない光景ですよねぇ。
d0156797_1884171.jpg
バイクに戻ると、鶏の仲良し家族が待ってくれていました。
そして、1周旅の続きをしようとしたら南側で通行止めになっていたので、
そのまま引き返すことに。
島の西側に主なホテルが立ち並んでいて、東側はまだ未開の地というカンジらしいです。
結局東側には行きませんでした。
今日の宿泊は南側のビーチに移ろうか・・・という話も出ましたが、
ここは何かと便利なホワイトサンドビーチに留まる方が得策と話がまとまり、
昨日止まったコテージからすぐの、海沿いバンガローにチェックイン。
d0156797_19224026.jpg
素敵なお出迎え。
d0156797_19301451.jpg
ちょっと昔のラブホテルみたいです。
しかし、すべてを凌駕する理由がここにはあります。
d0156797_19335238.jpg
目の前が海!テラス付き♪
足で稼いだ情報なので間違いありません!!
SANGTAWAN RESORT 1500B(4500yen)に2泊することにしました!
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-31 19:49

HONEYMOON5日目(バンコク→KOH CHANG)

朝8時に、ホワランポーン駅のKFC(ケンタッキーフライドチキン)の横の電話BOXから
エーイさんに電話するという、ちょっとスパイチックな連絡方法でエーイさんと合流し、
駅の横に駐車しているBIG BUSまで案内されました。
d0156797_15433045.jpg
乗り込むのが恥ずかしい程の、ニモのデコデコバス。
もちろん乗車客に日本人は一人もいません。
d0156797_154618100.jpg
乗れと言われたのが、なんと!
運転席のすぐ後ろの運転者仮眠スペース。
クッションもナシで二人で体操座りのまま数時間も耐えられません。
さらに、運転手が飼っていると思われる鳥の鳥カゴと一緒に乗せられるという、
あり得ない待遇に、ダンナサマ半ギレ!!!
「アジアンなめんなよ」と言いながら文句を言いに行きました。
どうやらオーバーブッキングのようで、
オーストラリア人と思われるカップルと交代することに・・・
代わってくれた人達には、ホントごめんなさいです。
でも、たまに仕切られている運転席の方から聞こえてくる
「ピチュ、ピチュチュ」という鳴き声に、
「代わってもらって良かったね」でしたけど(笑)
d0156797_1556058.jpg
バスに揺られること約5時間。
d0156797_1557083.jpg
ようやくフェリー乗り場に到着しました!
d0156797_15573360.jpg
なんか神戸から淡路島に渡るというカンジです。
d0156797_15583817.jpg
お客さんは欧米人がほとんど。
d0156797_15591820.jpg
日本の船とそう変わらないなぁと思っていたら、
救命胴衣の棚には、「ひさご丸亀」の文字が。
やっぱり香川からのフェリーの払い下げだったようです。
d0156797_1723553.jpg
カンボジアとの国境近くに浮かぶ、タイでプーケットの次に大きい島、
Koh Changに、いよいよ上陸。
d0156797_1753144.jpg
ソンテウという乗合タクシー(一人50B)みたいなのに乗って、宿まで移動。
FULL MOON PARTYの時期で、結構混んでるよと言うことで、
今日の宿泊場所は、フェリー乗り場のおじさんが勧めてくれたところにしました。
d0156797_1715453.jpg

JINDA RESORT 1300B(3900yen)
d0156797_1717927.jpg
海側に面していないコテージなので、明日は海沿いの所に移動予定です。
そして、とりあえず海へ!!!
d0156797_17192671.jpg
WAO!!!サンセットが始まっています。
ずぅっと遠浅の砂浜。砂の粒子も極細です。
ここはその名もホワイトサンドビーチ。
d0156797_17205670.jpg
まさにリゾートですよ!!
d0156797_17212188.jpg
長期滞在のバカンスを楽しむ家族がいっぱい。
d0156797_17222917.jpg
ロマンチック♪♪
やっとハネムーン感が出てきました(笑)
d0156797_17272538.jpg
浜辺を端まで歩いていると、闇に包まれました。
2.5kmも続く長ーいビーチなんです。
d0156797_17304079.jpg
ダンナサマが目星をつけたBUFFET(ビュッフェ)形式のお店、15PALMSにてディナー!
d0156797_17312159.jpg
ビーチ直結で、リゾート感満載。
好きなだけ取って食べられるのがいいですよね。
トムヤムクンは3回ほどおかわりしました。
d0156797_17321596.jpg
お肉や魚やエビは生のまま並んでいて、
浜辺の炭火コーナーに渡すと、焼いたのを持ってきてくれます。
d0156797_17363632.jpgd0156797_17365251.jpg








やっぱり今日もお決まりのこのポーズ!!
お肉でおなかいっぱいになりました。
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-31 17:38

HONEYMOON4日目(アユタヤ→バンコク→サイアムスクエア)

d0156797_2135687.jpg
お昼になったので、また道端のお店で麺をいただきました。
羊のお肉のラーメンっぽいお料理。これで25B(75yen)です。安いっ!!
ダンナサマはさらに極細麺の汁なしも平らげていました。
d0156797_2172058.jpg
照明柱のデザインもタイっぽくて素敵!
この後、アユタヤの締めにチャオ・サン・プラヤ博物館に行きました。(NO PHOTO)
ガイドブックには、「遺跡から発掘された宝物や仏像が展示されていて見応えがある」
と書いてあったので、期待して150Bも払って入場したのですが、
なんだかがっかりの結果・・・(;_;)
d0156797_21162758.jpg
ゲストハウスに預かってもらっていた荷物を取りに行って、
バスでバンコク戻ろうとバス乗り場まで歩いていたら、
ゲストハウスのUBONPONさんが街角のカフェで休憩中に遭遇。
バスよりミニバス(ワゴン車)の方が速くていいよと教えてくれたので、
これに乗って戻る事にしました。(一人60B)
約3時間でホワランポーンに到着。
とりあえず荷物を置ける宿を探します。
d0156797_21251238.jpg
今回の旅の最安宿。
トイレ・シャワーは階下の共同で1部屋150B(450yen)。
そして、都会へ繰り出す事にしました!
d0156797_2129347.jpg
慣れたとはいえ、バンコクはやはり空気悪いし、うるさいよー!
サイアム公園の横を通り抜け、中心部へ。
d0156797_21342615.jpg
この辺りは、東京と変わらない街並み。
おっしゃれーなブティックや飲食店が立ち並び、歩いている人達もおっしゃれーです。
d0156797_21365110.jpg
そして、やっと屋台飯から離れ、
おっしゃれーなお店Coca Noodlesにて
d0156797_21401421.jpg
鶏ガラスープとトムヤムスープの半分ずつにして、
d0156797_214113100.jpg
タイスキでーす。
d0156797_21422980.jpg
伊豆の方へ・・・
d0156797_21424756.jpg
某O氏ブログポーズです(笑)
お肉の追加を注文したのに来なくて、ダンナサマがお店の人に2回も言ったのに来ず、
少々気分を害してお店を出ました。
あ、でもとってもおいしかったです。
d0156797_2149393.jpg
食事したお店からすぐのバンコク一番のショッピングスポット
d0156797_21472433.jpg
『サイアム・パラゴン』に来ました。
一流ブランドショップからZARA、iphoneからOAKLEY、
d0156797_21521047.jpg
さらにはマセラティから、
d0156797_21524040.jpg
ランボルギーニまで!!!
なんでも揃います。
この規模、完全大阪負けてます・・・
d0156797_21542090.jpg
すっごいイケてる紀伊国屋もありました。
d0156797_21552133.jpg
トイレまでもがデザイン空間。
バンコク舐めてた・・・・
d0156797_21563922.jpg
デザートを食べようと言うことになり、
MANGO TANGOに決定!
ここ、待ちが出る程流行ってるんです。
d0156797_220685.jpg
「日本にあったら確実流行るよね・・・」なんて話していたので、
調べてみたら、やはり東京の代官山に進出していました。
d0156797_2252054.jpg
マンゴタンゴ190B(570yen)が日本だと1200yenです。
d0156797_2271122.jpg
マンゴスムージー90B(270yen)。
ほんとに、南国はフルーツが安くておいしい♪

結局スコータイやチェンマイのある北の方は諦めて、
今回はゲストハウスで勧められたKOH CHANG(チャーン島)に行くことにしました。
プーケットに行くことも考えたのですが、
「KOH CHANGの方がまだ観光化されていなくていいよ!」とのことだったので。
確かに「地球の歩き方」にも数ページしか取り上げられていないマイナーっぷり。
行ってみる価値ありそうです。

バンコクから6時間の旅。
あすは移動日です。
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-30 22:17

HONEYMOON4日目(アユタヤ遺跡→エレファントキャンプ)

d0156797_1952572.jpg
ゲストハウスで朝食をいただいてから、近くのチャオプロム市場周辺を散策。
d0156797_19553462.jpg
こんなものまで売っていました。
千と千尋の神隠しみたい・・・
d0156797_1957324.jpg
今日もママチャリを借りてまだ見ていない遺跡を巡ります。
d0156797_2081691.jpg
アユタヤと言えば、ここは外せないでしょう的なお寺。
ワット・プラ・マハタート。
d0156797_2011263.jpg
ビルマ軍の攻撃で落とされた頭部が、
長年放置された間に木の根に持ちあげられ埋め込まれています。
菩提樹に埋まった仏像の頭はアユタヤのガイドブックには必ず載っています。
d0156797_2083153.jpg

d0156797_2013483.jpg

d0156797_19581154.jpg
ワット・ラーチャブラナ。
全部周りきれないほどの寺院の数なので、
有名なポイントを絞っての観光。
d0156797_20173998.jpg
ワット・タミカラートは、神殿の柱だけがのこされているせいでしょうか?
d0156797_20185973.jpg
なんか建築様式が違うような気がします。
d0156797_20191368.jpg
仏像だけじゃなく狛犬の頭部も破壊されています。

バンコクのキラキラした寺院はすぐにおなかいっぱいになりましたが、
アユタヤ遺跡は結構な数を見ても、そんなに満腹にはなりません。
そして本日のメインイベント!!!!!
d0156797_20314655.jpg
アユタヤエレファントキャンプ!
d0156797_20322361.jpg
つぶらなヒトミの象さんです!!
よしよしするダンナサマの嬉しそうな顔(笑)
ごわごわの皮膚から剛毛が生えています。
d0156797_20332472.jpg
小象もいました。かわいい♪
d0156797_2034790.jpg
結構高い所にある象乗り場から、
d0156797_20344657.jpg
ワット・プラ・シーサンペットの塔の前までの往復コース。
一人400B(1200yen)
d0156797_20371098.jpg
私達を案内してくれるのは、クワイマーイさんと象のユエン。
乗り心地は、ゆっさゆっさ揺れます。
インナーマッスルが鍛えられるんじゃないかな。
d0156797_20392988.jpg
こんな尖った痛そうな器具でつつかれていましたが、
きっとユエンはチクリぐらいしか感じていないのでしょうか・・・
塔の前でユエンはちゃんとお参りするんですよ。
でもその後おしっこも・・・
クワイマーイさんにこれで突かれたユエン、「ばお~ん」と鳴き声を上げていました。
ホント、ラッパみたい!!
d0156797_2043231.jpg
象さんの耳の裏は斑点になっていたんですねぇ。
d0156797_20383224.jpg
こんなカンジで昔の王様になった気分。
生のぱお~んも聞けてゴキゲンです♪♪
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-30 20:55

HONEYMOON3日目(サンセットボートツアー→フアロー市場)

d0156797_20374746.jpg
レンタルしていた自転車ごと車に乗っけてもらい、
オーナー奥さんの弟さんにアユタヤ駅まで送ってもらって(有料50B)
自転車返却と預けていた荷物のピックアップを済ませてから、P.U.INNに戻りました。
d0156797_20422058.jpg
ボート乗り場は、市街の北端のあたり。
今日のボートツアーの参加者達。
d0156797_20433196.jpg
このボートでアユタヤ1周します。
d0156797_20444848.jpg
陽が高くまだ暑いので、風が気持ちいい♪
d0156797_2046316.jpg
皆さんも楽しそうです。
d0156797_20471510.jpg
ボートからの景色はこんなカンジ。
d0156797_20482036.jpg
こちらのお寺に着岸するようです。
d0156797_2055936.jpg
ワット・パナン・チュン。
中国皇帝から送られたこの像は東大寺の大仏並みの大きさです。
d0156797_2059868.jpg
ビルマ軍からの攻撃を奇跡的に逃れた縁起のいいお寺。
中国系のタイ人に人気があるそうです。
d0156797_214676.jpg
ここで見かけたSEXIなお坊さん。(真ん中)
暑いとはいえ、露出度高くないですか??
d0156797_2154089.jpg
川ではパンを購入してナマズの餌やりが出来ます。
餌やる時って、普通はパンをちぎって少しずつやるじゃないですか。
私達が目撃した外人さんったら、1本まるごと豪快に投げ込んでました。
ナマズ達が自らひと口ずつちぎってパクついてました(笑)
d0156797_2112129.jpg
さてさて、次のお寺です。
d0156797_21123593.jpg
ワット・ブッダイサワン。
d0156797_21143934.jpg
白い塔の中には小さな寝釈迦像がありました。
d0156797_21142033.jpg
修復中で投光器のライトが途中で切れて真っ暗になるというアクシデント!
なので写真はありません。
d0156797_21243966.jpg
ボートはエンジンむき出しです。
でもなんかカッコイイ!
d0156797_21252411.jpg
そろそろ夕暮れです。
まさにサンセットクルーズ♪
d0156797_21262395.jpg
最後は昼間に自転車で行った、ワット・チャイワッタナラム。
夕焼けに浮かぶ影がまた素敵です。

まったりとした船上での時間は瞬く間に過ぎ、フアロー市場で船を降りました。
d0156797_21321225.jpg
ここも屋台が立ち並びます。
d0156797_21334457.jpg
フルーツ屋さんで、フルーツや
d0156797_21354152.jpg
あんかけ麺とかチヂミっぽいのとか、焼きそばとか、
d0156797_21361626.jpg
さらにパパイヤ。
食べたいモノを少しずつ食べておなかいっぱい♪
だって、1品20B~30B(60yen~90yen)なんですもん。

ゲストハウスに帰り、シャワーでさっぱりした後にバルコニーでビールを飲みながら、
これからスコータイ(世界遺産)に行くか、南の島でリゾートするか、
奥さんのウボンポンさんと受付の英語が堪能なお姉さんに相談し、
とりあえず明日は、見残したアユタヤ遺跡巡りをすることに決定。
まだまだ旅は続きます。
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-29 21:47

HONEYMOON3日目(アユタヤ市内→P.U.INN)

d0156797_17173572.jpg
スリヨータイ王妃のチェディ(仏塔)。
塔の中には王妃の遺骨が納められているそうです。
d0156797_1718879.jpg
参道から塔までの道にはプルメリアの花が落ちていて、いい香り。
d0156797_17233869.jpg

スリヨータイ王妃はビルマ軍に攻められた際、男装して戦闘に参加し、
夫のチャクラパットを救おうとして命を落としました。
戦後、王妃を偲んでチャクラパット王により建立されたとのことで、
これを原作とした映画「スリヨータイ」もあるそうです。
d0156797_17232629.jpg
整備の行き届いた庭園。
d0156797_17235070.jpg
金色と白のコントラストが美しい優美な塔でした。
蓮の花もキレイです。

アユタヤの道路はほぼ平坦なので、自転車移動には最適です。
ロードバイクなら最高なのに・・・
d0156797_18343791.jpg
次は、ワット・ロカヤ・スタ。
野ざらしでブッダが寝そべっています。
全長28m高さ5mと、これもガンダムより大きいです。
d0156797_18462314.jpg
ここは、ゲーム『ストリートファイターⅡ』の
サガットステージのバック画面の舞台で、
ストⅡごっこの写真を撮影して帰る人が多いらしいです。
リクライニングブッダの背後はこんなカンジ。
d0156797_1847669.jpg
アユタヤは四方を川に囲まれた島になっていて、
d0156797_1975197.jpg

自転車を走らせていると、突如こんな遺跡や
d0156797_1910939.jpg
こんな風景に出くわします。
d0156797_19143436.jpg
そろそろおなかがすいてきたので、道端のお店に飛び込んでみました。
d0156797_19144995.jpg
アローイ!(おいしい)
写真を指さしたので、お料理の名前はわかりません。
幅広い麺と青菜の炒め物??誰かご存知の方、教えて下さい!!
d0156797_19333659.jpg
タイのテーブルの上には必ず置いてある調味料4つセット。
これで好みに合わせて味付けするんですね。ふむふむ。

ここで地図とガイドブックをにらめっこしながら、これからの予定を作戦会議。
なんとなく島の外周を1周したので、
とりあえず自転車で今夜の宿探しをすることにしました。
落ち着いた先は、ここ↓
d0156797_19405563.jpg
P.U.INN UBONPON
オーナーが日本人で奥さんが日本語ペラペラのタイ人。
d0156797_19581913.jpg
お部屋もキレイです。
そして、チェックインの時に勧められた、このゲストハウスで企画している16:00~
約2時間のサンセットボートツアー200B(600yen)にも参加することにしました。
ハネムーンですしね(笑)
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-29 20:09

HONEYMOON3日目(バンコク→アユタヤWat Chaiwatthanaram)

d0156797_12524882.jpg
早朝タクシーでホアランポーン駅へ。
タイの車やバイクには必ずと言っていいほど、
ブッダマーケットで売っていたお守りがじゃらじゃらついています。
d0156797_1255256.jpg
タイではプルメリアが街路樹として使われているので、
至る所でいい香りを放ってくれています。
花言葉は『情熱・恵まれた人』。
d0156797_1301242.jpg
駅でアユタヤまでの切符を買う際に、
二人で2nd CLASS(指定席)490Bと駅職員に提示され、
「???」
ガイドブックにもそんなに高くないと書いてあったのに・・・
3rd CLASS STAND INでいいと告げると、いきなり一人15Bまで下がりました。
まさか駅職員にぼられそうになるとは・・・びっくり!
電車では立つ覚悟でしたが、なんとか席を確保できました。
d0156797_1382983.jpg
これからアユタヤに移動するバックパッカーも結構いました。
d0156797_1385469.jpg
ピンクのジャージはおそらく中学生の修学旅行かな??
(お泊まりセット持ってたし)
d0156797_1312329.jpg
電車は予定時刻を過ぎてもなかなか発車せず、約1時間遅れ・・・
タイでは当たり前だそうです。
待ち時間に車内まで干物とか水を売りに来るおばさんから、朝ご飯GET。
唐辛子とミンチが炒めてあるのが、おいしかったけど辛かったです。
d0156797_13174137.jpg
ピンクジャージ集団は飽きてきたのか、
前に座っていたブロンドの女の子と一人ずつ交代で記念撮影をし始め、
しばらく経ってから私達夫婦の間に座って写真を撮り、(10人ほど)
その後、タイ人以外のすべての人と記念撮影していました(笑)
一番左の子、こんなに厚いのにマフラーは必要なの??
d0156797_13261268.jpg
バンコクから80km北の、世界遺産アユタヤに到着!
d0156797_13274259.jpg
荷物は1個10Bで駅で預かってくれる事を、、
声をかけてきたトゥクトゥクのお兄ちゃんから聞き、
松山ケンイチ似の職員に預けて身軽になってから、
自転車をレンタルして遺跡を巡ります。
d0156797_13314952.jpg
バンコクから比べると幾分空気はマシですが、
乾季で雨が降ってないので、なんか澱んだカンジ。
d0156797_13351870.jpg
アユタヤの町をママチャリで爽快に駆け抜けます。
d0156797_13363790.jpg
橋を渡ると、見えてきました!
最初は、ワット・チャイワッタナラム。
d0156797_13383396.jpg
おおお!世界遺産ですよ!!
d0156797_13403672.jpg
16~17世紀に繁栄を極めたアユタヤ王朝。
d0156797_1339434.jpg
ビルマ軍の度重なる侵攻により破壊され、
今は廃墟の都市に歴史のロマンを感じるといった感じです。
d0156797_13405628.jpg
首のない仏像がずらり。
首を落とすと仏像の効力は消えてしまうとビルマの人々は考え、
寺院や仏像をを破壊することにより、
アユタヤの人々の信仰という精神的な支えを奪ってしまう。
もうその場所に人が集まれないようにして、徹底的なダメージを与える。
そういうことらしいです。
また、仏像の中や頭部に宝石や宝物が隠されていたそうです。
d0156797_13543080.jpg
斜度はおよそ60度。
登ります。
d0156797_13552949.jpg
登ります。
結構高くて、降りるの怖いです。
d0156797_13563111.jpg
上からの景色。
d0156797_13573858.jpg
廃墟の向こうにひろがるのどかな風景に癒されます。
いやぁ、感動しました。
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-29 14:12

HONEYMOON2日目(バンコク市内PM)

d0156797_18394812.jpg
マッサージですっかりリフレッシュしたので、
ここからまたガンガン歩きます!
d0156797_18413387.jpg
船に住んでいるのでしょうか。
d0156797_18414839.jpg
薄暗い路地を抜けて川に出ると、対岸にワット・アルン。
d0156797_18453899.jpg
三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台となったこのお寺。
チャオプラヤ川沿いにたたずむ姿は美しいですね。
d0156797_1847314.jpg
バンコクのAKB(秋葉原)と呼ばれる地区までやってきました。
d0156797_18484777.jpg
アンプやステレオが天井まで陳列されているお店、
d0156797_18493426.jpg
無線機、電線、携帯電話、電気製品ならこちらへどうぞ!!!
d0156797_185114100.jpg
たまに見かける横断歩道の白い帯はあっても、信号機がないので、
やはり身の危険を感じながらの横断となります。
でも、不思議と事故はひとつも見かけないし、
車のマナーも超悪いのに接触事故は見ないどころか、へこんだ車もほとんどナシ。
信号があるほうが事故は起こりやすいのかと錯覚してしまうほどです。
d0156797_18581019.jpg
ひたすら歩いてチャイナタウンを抜け、
ホアランポーン駅まで来ました。
明日はアユタヤに移動のため、この駅からの出発です。
d0156797_191916.jpg
朝から屋台での補給しかしてなかったので、
最初の晩餐はタイ料理が食べれる、窓から水が流れるお店に入りました。
d0156797_1934597.jpg
ここのトムヤムクン、旅行中でNo.1の美味しさでした。
鍋の穴の中には炭が入っていて、ずっと熱いスープがいただけます。
しかし、すごい量・・・
二人で食べる量ではありません。
d0156797_197539.jpg
エビのフリッター的な物に甘いソースがかかっていて、
下はフルーツサラダ。
2品目にて満腹(苦笑)
d0156797_199053.jpg
イカのトマトソース煮。
あともう1品、なんだったか失念しましたが、
はちきれそうな胃を抱えて、タクシーでカオサン通りまで。
d0156797_19124187.jpg
バンコクを運転出来たら、
きっと世界各国どこでも運転できるんじゃないでしょうかね。
この運転手さんのドライブ技術は、映画TAXI並み(笑)
d0156797_19142951.jpg
欧米人で深夜まで賑わうカオサン通りを抜け、本日終了!
ふぅー、長い初日でした。
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-28 19:15

HONEYMOON2日目(Wat pho)

d0156797_17142579.jpg
d0156797_17143938.jpg
ワットポーに入場する前で見つけたアイスクリーム屋台でまたまた休憩。
私達、食べすぎかしら??
d0156797_1726122.jpg
どーん!!涅槃仏(ねはんぶつ)!!
d0156797_17273047.jpg
全長49m高さ12mの金箔に覆われた巨大ブッダです。
ガンダムの全長が18mなので、ガンダムの約2.5倍!
d0156797_17335164.jpg
お美しい!!
d0156797_17353574.jpg
足の裏は仏教の世界観を螺鈿(らでん)細工で描いた108の図。
d0156797_17423853.jpg
とりあえずデカいです。
d0156797_17441049.jpg
友達になったジョン!
というのはウソで、偶然写りこんだ全面Smileの見知らぬ外人(笑)
d0156797_17461367.jpg

d0156797_1747527.jpg
後頭部のぶつぶつ螺髪(らほつ)も撮ってみました。
d0156797_17492065.jpg
外は暑く、木陰で休むダンナサマ。
d0156797_1750726.jpg
お坊さんも休憩中。
d0156797_17504874.jpg
一部改修中でしたが、(あ、またレンズにゴミが・・・)
d0156797_17513512.jpg
やっぱり、
d0156797_17515574.jpg
もう、
d0156797_17521218.jpg
お寺はおなかいっぱい・・・

ここはタイ古式マッサージの最高機関である、
ワットポー・マッサージスクールが敷地内にあります。
ガイドブックを見て、ここだけは絶対に行こうと思っていました。
が、営業17:00までで終了(涙)
そしたら、呼び込みのおじさんが「マッサージ、キムチキムチ」と言いながら
チラシを渡して来て、お店まで案内してくれました。
どうやら、キムチ=気持ちいいの意味っぽい。
値段もそんなに高くなかったし、二人とも観光にすっかり疲れたので、
ハーブマッサージ60分コースを受けることにしました。
d0156797_1803042.jpg
スクール卒業生が独立したお店かな??
d0156797_1812499.jpg脚や太ももから徐々にほぐしていき、
上半身とひと通り終えた後に
お湯に浸けたハーブボール(写真参照)で
ツボをポンポングリグリされます。
これがまた微妙に熱くてキムチじゃなかった
気持ちいいんです。
最後はマッサージしてくれるオバサンに、
ぐりんぐりんぶらんぶらんと
身体をもてあそばれながらのストレッチ。
あ~ヨダレモノの60分でした。
(500B=1500yen)
コップンカァ~♪
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-28 18:09

HONEYMOON2日目(Wat Phra Kheo)

ワット・プラ・ケオに到着しました。
ここは厳粛な場所なため、ドレスコードがあるんです。
半袖OK タンクトップやノースリーブは×
膝丈スカートOK ミニスカートやショートパンツ・半端丈パンツ×
きっちりしたワンピースなら膝見えOK
基準がよくわからないドレスコードですが(笑)
とりあえず私は「ハンソクハンソク~」と叫ばれ、ゲートを通してもらえず・・・
どうやら膝下のレギンスがダメだったようです。
d0156797_1465983.jpg
そんなツーリストのために無料貸出用の半袖シャツやスカートがあるんです。
(200Bのデポジット要)
ちょっとしたコスプレww
※ワット・プラ・ケオに行かれる方のために※
半袖シャツは激ダサで汗臭そうなので、レンタルはやめた方がいいと思います。
半袖か羽織るものをお持ち下さい。
d0156797_14173579.jpg
門をくぐると歓声を上げずにはいられないほどの光景。
(レンズにゴミが・・・ゴメンナサイ)
d0156797_1428565.jpg
d0156797_1429946.jpg
どこを見てもどう撮っても絵になります。
d0156797_14292425.jpg
キラキラ☆きらきら☆KIRAKIRA☆
d0156797_14293753.jpg
まさに栄耀栄華、豪華絢爛!!!
d0156797_14302849.jpg
d0156797_143033.jpg
d0156797_14305170.jpg
重い塔を支える半人半鶏の神話像達が一周しています。
d0156797_1431745.jpg
「こう見えても疲れまんねん」って顔してません??
d0156797_14393187.jpg
仏塔や本堂をぐるりと取り囲む数百メートルの壁には、壁画が描かれています。
あちこちで修復作業が行われていました。
d0156797_14443033.jpg
魔物??
RPG(ロールプレイングゲーム)のラスボスみたいですね。
d0156797_14454596.jpg
本堂の入り口。(本堂内はNO PHOTO)
ここから靴を脱いで入り、素晴らしい石のモザイク貼りの床に正座してお参りします。
正座ができず膝を伸ばしたり体操座りしたりしている人は、ガードマンから怒られます(マジ)
この内部も総壁画で、巨大な仏陀が安置されていました。
d0156797_1459672.jpg
同じ敷地内に王宮もあって、
d0156797_14592696.jpg
たくさんある宮殿の中は武器や刀剣の展示、
d0156797_14595087.jpg
中国の陶磁器の展示など、博物館としての役割もしています。
d0156797_1501666.jpg
微動だにしない衛兵さんは、大人気の被写体でした。
d0156797_150367.jpg
なんだかテーマパークの中にいるような気がしてきて、
だんだんピカピカモザイクでおなかいっぱいになってきました。
[PR]



by gardenia-ma-ya | 2011-01-28 15:20

2010.5.25.に大阪から伊豆の川奈に引っ越し→2012.10.12小田原へ引越しました。 ma-ya Daily Life
by まあや
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ネットショッピング
at 2015-11-10 11:25
昭島へ
at 2015-11-09 23:30
初試泊 part.1
at 2015-10-21 15:57
今年も宇都宮へ
at 2015-10-17 23:35
冠雪
at 2015-10-12 17:07
秋の交通安全週間
at 2015-09-30 21:42
今朝の富士山
at 2015-09-29 21:59
気圧のせい?
at 2015-09-26 22:06
出勤2日目
at 2015-09-18 20:34
初出勤
at 2015-09-17 23:01

メモ帳

mailはこちら↓↓
yoshimin.m@gmail.com

ブログパーツ

画像一覧